PROFILE

加藤和樹 (かとうかずき)


2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴び、

2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。

毎年CDリリースや日本武道館他C.C.Lemonホール、

日比谷野外音楽堂など毎年単独ライブ他、全国ライブツアーを開催するなど、音楽活動を精力的に行っている。

2009年からは韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、

上海や北京、韓国でもライブを行ない雑誌の表紙などを飾るなど海外にも活動の場を広げる。

2016年4月よりインベリアルレコードに移籍し、「春恋」をリリース。4月にアーティストデビュー10周年を迎え、10周年LIVE”GIG”2016を開催し、7月には東京・名古屋・大阪にて80曲強の全曲LIVETOUR、10月にはKk-STATION2016TOURを開催するなど精力的に活動を行った。

 

俳優としてはドラマ「仮面ライダーカブト」(2006)「ホタルノヒカリ」(2007)、「インディゴの夜」(2010)、「赤い糸の女」(2012)、「乾杯戦士アフターV」(2014.2015)、映画「真田十勇士」(2016・堤幸彦監督)、舞台「真田十勇士」(2014.2016堤幸彦演出・中村勘九郎主演)、舞台「No.9~不滅の旋律」(2015.白井晃演出・稲垣吾郎主演)などに出演。

また、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」(2010)「義風堂々~兼続と慶次~」(2014)「B-Project鼓動*アンビシャス」(2016)、ゲーム「戦場の円舞曲」(2015)「イケメン戦国」(2015)などで声優としても活動している。

さらには、2013年「ロミオ&ジュリエット」ティボルト役をきっかけに、全世界初演ミュージカル「レディ・ベス」(2014・東宝製作・小池修一郎演出)やウエストエンド版ミュージカル「タイタニック」(2015・梅田芸術劇場製作)では海外新進気鋭演出家・トムサザーランドの目に留まり、オーディションで主演を射止め、2016年にはミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち」(2016・東宝製作・小池修一郎演出)で初の帝国劇場主演をつとめるなどミュージカルでも活躍している。

2017年1月からは東京・日生劇場にてミュージカル「フランケンシュタイン」でアンリ役と怪物の2役に挑戦する。